"Love Me Some AUBREE! :)

"Love Me Some AUBREE!"

♥♡ 洋楽歌詞和訳 // 海外culture // 海外セレブゴシップ // ...and more! ♡♥

/ / 歌詞和訳 / / "Graveyard" by Halsey ("グレーブヤード" by ホールジー)









 この曲は Halsey(ホールジー)の3作目となるアルバム「Manic」のリードシングルとして9月13日にリリースされました。

タイトルの通り、愛する人の為ならばどこまでも行く、"Graveyard"「墓場」までもいってしまう、そんな自滅行為に近い恋愛をしてしまうことについて歌われています。

また、Halseyはこの曲について、Billboardのインタビューでこう語っています。
"The song is about being in love with someone who is in a bad place and loving them so much that you don’t realize that you’re going to that bad place with them… It’s also about learning to care about yourself enough not to follow them there." 「この曲は、良くない状態、(精神的に)悪い場所にいる人と恋に落ちてしまい、その人を愛するあまり、気づかないうちに自分自身もその人と同じ悪いところへ堕ちていってしまうことを歌っているの。それと、もう一つ、どんなにその人を愛していようと、共に堕ちていくなんてことをしないように、どうやって自分を大切にしていくのかを学んでいくことも歌っているわ。」





この投稿をInstagramで見る

GRAVEYARD. 9/13

halsey(@iamhalsey)がシェアした投稿 -













Graveyard by Halsey




It's crazy when
The thing you love the most is the detriment
Let that sink in
You can think again
When the hand you wanna hold is a weapon and
You're nothin' but skin


これってクレイジーなことよね
あなたが一番愛するものがあなたを傷つけるものだって
それをしっかり頭に入れておきましょう
考え直すこともできるわよ
あなたが包んであげたいと思うその手が
武器であって あなたの手はただの肌なら




Oh, 'cause I keep diggin' myself down deeper
I won't stop 'til I get where you are
I keep running, I keep running, I keep running


ああ、だってわたしは
自分自身を深く深くのめり込ませてしまう
止まらないの あなたの元へたどり着くまで
走り続けるの、走り続けるの、走り続けるわ




They say I may be making a mistake
I woulda followed all the way, no matter how far
I know when you go down all your darkest roads
I woulda followed all the way to the graveyard
Oh, 'cause I keep diggin' myself down deeper
I won't stop 'til I get where you are
I keep running when both my feet hurt
I won't stop 'til I get where you are
Oh, when you go down all your darkest roads
I woulda followed all the way to the graveyard (No, oh)


みんな言うわ わたしは間違っているって
あなたのことをどこまでも追いかけてしまうの
わかっているわ あなたが暗い道に堕ちていってしまう時
わたしは墓場まであなたについていってしまう
ああ、だってわたしは
自分自身を深く深くのめり込ませてしまう
止まらないの あなたの元へたどり着くまで
走り続けるの 例え両足に痛みを感じようとも
止まらないわ あなたの元へたどり着くまで
あなたが暗い道に堕ちていってしまう時
わたしは墓場まであなたを追いかけてしまう




You look at me (Look at me)
With eyes so dark, don't know how you even see
You push right through me (Push right through me)
It's gettin' real
You lock the door, you're drunk at the steering wheel
And I can't conceal


あなたはわたしを見つめるの(見つめるの)
その深く暗い瞳で 見えているのかもわからないわ
そしてそれをわたしに押し通すの
すごく現実味を帯びていくの
あなたはドアに鍵をかけて
酔っ払ったままハンドルを握る
そしてわたしはそれを隠すことが出来ない




Oh, 'cause I've been diggin' myself down deeper
I won't stop 'til I get where you are
I keep running, I keep running, I keep running


ああ、だってわたしは
自分自身を深く深くのめり込ませてしまう
止まらないの あなたの元へたどり着くまで
走り続けるの、走り続けるの、走り続けるわ




They say I may be making a mistake
I woulda followed all the way, no matter how far
I know when you go down all your darkest roads
I woulda followed all the way to the graveyard
Oh, 'cause I keep diggin' myself down deeper
I won't stop 'til I get where you are
I keep running when both my feet hurt
I won't stop 'til I get where you are
Oh, when you go down all your darkest roads
I woulda followed all the way to the graveyard


みんな言うわ わたしは間違っているって
あなたのことをどこまでも追いかけてしまうの
わかっているわ あなたが暗い道に堕ちていってしまう時
わたしは墓場まであなたについていってしまう
ああ、だってわたしは
自分自身を深く深くのめり込ませてしまう
止まらないの あなたの元へたどり着くまで
走り続けるの 例え両足に痛みを感じようとも
止まらないわ あなたの元へたどり着くまで
あなたが暗い道に堕ちていってしまう時
わたしは墓場まであなたを追いかけてしまう




Oh, it's funny how
*The warning signs can feel like they're butterflies


ああ、笑ってしまうわ
危険を知らせるサインがバタフライのように感じるなんて


‥‥‥‥‥‥‥‥
"The warning signs can feel like they're butterflies"
「バタフライ(蝶々)」とは恋愛独特の高揚感を表すときに頻繁に使われる表現です。恋愛をしているとき、お腹がうずうずするような感覚(高揚感)を感じたことはありませんか?あの感覚を「お腹の中でバタフライ(蝶々)がとんでいる」という風によく表現します。
‥‥‥‥‥‥‥‥




Oh, 'cause I keep diggin' myself down deeper
I won't stop 'til I get where you are
I keep running when both my feet hurt
I won't stop 'til I get where you are
Oh, when you go down all your darkest roads
I woulda followed all the way to the graveyard


ああ、だってわたしは
自分自身を深く深くのめり込ませてしまう
止まらないの あなたの元へたどり着くまで
走り続けるの 例え両足に痛みを感じようとも
止まらないわ あなたの元へたどり着くまで
あなたが暗い道に堕ちていってしまう時
わたしは墓場まであなたを追いかけてしまう









‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥














10月9日にこの曲のPVが公開されました。









この曲のブリッジ部分
"Oh, it's funny how / The warning signs can feel like they're butterflies 「ああ、笑ってしまうわ / 危険を知らせるサインがバタフライのように感じるなんて」"
について、Halseyがインタビューで語っていたことがすごく深く、Wise(賢い)な内容だったので最後に少しだけ紹介させていただきます!


"My mother told me a story a really long time ago. She told me, “Don’t fall for the person that gives you butterflies. If you feel nervous when you’re around them, that’s a bad sign. Fall for the person that makes you feel safe, that makes you feel calm, that’s the person you’re supposed to be with. Because if your heart leaps out of your chest every time you get some little hit of affection, or love from them, it means they’re keeping you strung along. That is not the person to be with. Be with the person that makes you feel safe.”
「わたしの母がすごく前にあるストーリーを語ってくれたの。彼女はわたしに言ったわ、『お腹の中にバタフライを感じるような高揚感をあなたに与える人に恋しちゃだめよ。あなたがその人の近くにいるときに不安な気持ちになるなら、それは悪いサインよ。あなたに安心と安らぎを与えてくれる人と恋に落ちなさい、それがあなたが一緒になるべき人なのよ。好きな人からたった少しの愛情と愛を与えられる度に、あなたのハートが胸から飛び出てしまうような感覚を覚えるのなら、それはその人があなたをそうやって繋ぎとめているってことよ。そんな人と一緒になるべきではないわ。あなたに安心を与えてくれる人と一緒になりなさい。』」






Halseyママのwise word(名文句)ぐっさり刺さる方もいるのではないでしょうか?


わたしはこれを初めて聞いた時にストンとこの言葉が胸の中に座り込むような感覚がありました(乏しい表現力




ですが、




「いやでもお腹の中がうずうずする感覚、バタフライを味わえるをしていたい!!」


というやっぱりな結論に至りました。(ㆆ.ㆆ)








Halseyママ、わたしはいくつになってもバタフライを捨てられそうにありません。


( ᐪᐤᐪ )

(誰も聞いてない)








それでは今回はこの辺でっ!


最後にHalseyがMTV EMAで披露したこの曲のパフォーマンスが
すごく見応えのあるパフォーマンスだったので、ここに動画を貼っておきます!( •̤ᴗ•̤ )



まだ観られていない方は是非!!

The Ellen Showのもボーカルがいいし素敵でした



Byeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!



























:Credits / Citation

Lyrics and sources from Genius : https://www.google.co.jp/amp/s/genius.com/amp/Halsey-graveyard-lyrics