"Love Me Some AUBREE! :)

"Love Me Some, AUBREE!"

♥♡ 洋楽歌詞和訳 // 海外culture // ...and more! ♡♥

/ / 社会問題 / / 「"BLACK LIVES MATTER"(黒人の命は尊い)」:George Floyd(ジョージ・フロイド)さんの事件 / /「知ってほしい、わたし達にできること」。




[2020年6月5日に情報を更新しました]


 2020年5月25日、アメリカのミネソタ州ミネアポリスアフリカ系アメリカ人の黒人男性 George Floyd(ジョージ・フロイド)(46歳)さんが白人警察官の Derek Chauvin(デレク・ショーヴァン)(44歳)に頸部(頭と首の間の部分)を8分46秒間膝で強く押さえつけられ死亡するという事件が起きました。



事件の発端は、「偽20ドル札」。

 2020年5月25日の夜、"Cup Foods"(カップ・フーズ)というスーパーマーケットでFloydさんが煙草を購入する際に、偽20ドル札を使用した疑いを持たれる。レジの店員に煙草の返却を要求されるが、Floydさんはそれを拒否。店員は店のルールに従い20時1分に911に通報。当時を振り返りその店員は、「(Floydさんは)酔っていて、セルフ・コントロールが効かない様子だった」と発言。

Floydさんはいつもこの様な問題を起こす人であったわけではない。スーパーマーケット"Cup Foods"のオーナーであるMike Abumayyalehさん(事件当時は出勤しておらず) は、Floydさんは顔なじみの客であり、「(Floydさんはこの店で)今まで問題を起こしたことはない」と語っている。

 20時8分に通報を受けて2人の警察官が店に駆けつけ、店の近くに停めた車に知人2人と乗っていたFloydさんに一度声を掛ける。そしてその後すぐに一人の警察官Thomas Lane(トーマス・レーン)が拳銃を取り出し、Floydさんに両手をあげるように要求。そして本人曰く「Floydさんが手錠をかけられることを拒否し暴れた」為、「車から引きずり下ろした」。
拘束された後、Floydさんは偽札の使用を認めた様子で、警察官たちはFloydさんをパトカーの中へ連行しようと試みる。しかし、20時14分頃、Floydさんは体を固めながら手錠をかけられた状態で地面に体を落とし「自分は閉所恐怖症だ」とパトカーへの乗車を拒否。そこへ別の警察官とDerek Chauvin(デレク・ショーヴァン)が到着。Derek Chauvinも他の警察官たちと共に、Floydさんをパトカーに乗せようと試みる。
しかし、Derek Chauvinは突然Floydさんの体をパトカーから引きずり出した。そして、手錠をかけられたまま、顔面が地面につくようにうつ伏せに倒れたFloydさんの首と頭の間に当たる頸部に膝をのせて地面に強く押しつけた。Floydさんは「"I can't breathe"(息ができない)」「"Please"(お願いだ)」と何度も何度も懇願するも、Derek Chauvinはそれを無視し続け、8分46秒間Floydさんの頸部に膝をのせて地面に強く押し続けた。その後、搬送先の病院でFloydさんの死亡が確認された。



6分ほど経過した時、Floydさんの反応はなくなっていた。

 Derek ChauvinがFloydさんの頸部を膝で強く押しつけ6分が経過した頃、Floydさんの反応がなくなった。傍観者達が警察官たちに、Floydさんの脈拍を確認するよう声をあげ、1人の警察官JA KuengがFloydさんの右手首の脈拍を確認するが、「脈拍は確認されなかった」。その事実が伝えられてもなお、Derek ChauvinはFloydさんの頸部に膝を押し当て続けた。



www.youtube.com

こちらの動画は全て英語ですが、何が起きたのかを観て、知ることが出来ると思います。
とてもセンシティブでショッキングな内容なので、観る際にはご注意ください。





「これは黒人差別による殺人だ」
「George Floydに正義を」

 Floydさんの拘束に関わっていた4人の警察官たちは懲戒免職となりましたが、多くの人々はミネアポリスのフレイ市長とフリーマン検察官に対し、警察官たちの解雇と起訴を求めています。また、全米各地でこの事件と、長い間繰り返され続けてきた「警察官たちによる黒人差別」(数多くの前例有り)に対して怒りの抗議デモが行われており、中には暴動化しているものが多数みられています。





UPDATE!
 2020年6月4日、逮捕されていた元警察官Derek Chauvin(デレク・ショーヴァン)の容疑が第三級殺人から第二級殺人に切り替えられ、更にこの事件に関わった他の元警察官たち3人も訴追されました。(from AFPBB NEWS : 米黒人死亡、警官4人を訴追 容疑は第2級殺人に 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News
















こんにちは。この記事をここまでお読みいただき、ありがとうございます。


わたしのブログは洋楽の歌詞和訳をメインに更新していますが、
こういった世界的に社会に大きな影響を与え、とても重要である事柄もシェアしていきたいと思っています。



今回、このGeorge Floydさんの事件について
私自身、最近まで詳しく調べることはありませんでした。


何故だろう?と自分に問えば、きっとわたし達、日本に暮らす日本人にとって「黒人差別」という問題はすごく遠いものに感じてしまうからではないかと思います。


それが悪いとか、何かのせいだとか、誰かのせいであるとか、ましてやみんながみんなそうであると言うつもりは全くもってありません。


ただ、私が思うに、きっとそう感じられるということは「無関心」という言葉に結び付けるより、自分達がどんなに恵まれて、平和で良い環境で生きていくことが出来ているかという「気づき」に繋がると思います。
(※日本国内に差別がないなんてことは言っていません。こういった物事を語る以上、誤解を招かずに自分の言いたいこと・思いを表現するのはとても難しいですが、伝わりますと幸いです。)



人種差別」は、わたし達も知っている言葉であって、わたし達日本人、アジア人も一歩海の外に出たら自分たちの目の前に突き付けられるような問題だと思います。



「白人は黒人より優遇されている」
「黒人の命や存在は白人より軽視されがちである」


これも、実際に自分自身で見て、経験したわけではなくても、海外に行ったことがなくても、
テレビで見たり、本で読んだり、学校で習ったり、

誰もが知っていることではないかと思います。



これをニュースの一つとして受け流すのはとても簡単なことであって、実際にわたしはこの問題に対して、大して頭を使って考えずに「そんなことが起きているのか」程度で受け流してしまっていました。実際に詳しく調べてみようと思うまでは。



わたしが調べたきっかけは本当に単純なものでした。



「人々がその話をしているから」


インスタグラムやツイッターといったソーシャルメディアを通して、今、海外の多くのセレブリティ・政治家・スポーツ選手etc...、そして海外に・アメリカに住む友達、可愛いなと思って勝手にフォローしてるアメリカ人の女の子たち、面白いなと思ってフォローしているインフルエンサーの人達…


みんなが話をしているからです。





そしてわたしは、ただシンプルに、ツイッターにいき「#George Floyd」というハッシュタグを検索しました



そこでわたしが目にしたのは、

多くの人々の心からの訴え、抗議デモに参加した人達があげた数々の悲惨な現状を表す動画、語られるべき事実の数々、「警察官」の姿、今の「アメリカ」という国の姿…




多くの「メディアを通していない、生の情報」で溢れかえっていました。




英語がわからなくても、動画を見るだけでどんなに悲惨で残虐的で、悲しい出来事がアメリカで起きているのか、見る・知ることが出来ます。
「感じることが出来る」とは簡単に言いたくないので、「見る・知ることが出来ます」。



わたしは麦茶を片手に持ったまま、数時間、そのハッシュタグに関連している動画や人々の訴えを夢中で読み・見続けました。



一通り読み・見終えた時に、何故だかとても、自分が小さく弱い、無力な存在に感じました。


アメリカで多くの人々が、自分の、自分の両親の、自分の兄弟の、祖父母の、親戚の、親友の、友達の、先生の、生徒の、近所の優しいあの人の、スーパーのレジでいつもニコニコ話しかけてくれるあの子の、こわい近所のおじさんの、


愛し、気にかけている人々の「平等に生きる権利」の為に、声をあげ、サインを掲げ、叫び、語り、訴え、戦っているのに、
わたしはここ日本で、麦茶片手に、平和にいつもの1日を過ごしている。


それでいいとは、わたしにはどうにも思えず、こんなことが今世界で起きているのに、聞き流したり、忘れたりすることは、わたしには到底出来ないと思いました。



海の向こうからでも、戦う人々のピースになることは、出来ます。


多くの署名活動団体が米国外からの支援を求めています。


George Floydさんのご家族に、またこの抗議デモで理由もなく警察に捕まってしまった人たちを助けるために、募金をすることも出来ます。


そして、ソーシャルメディアが普及している今だからこそ、調べて「話をする」ことが出来ます。



自分の家族や、友達と話をしたり、ソーシャルメディアを通して誰かとこのことについて話をしたり、


きっとわたし達に出来ることはたくさんあると思います。
そして言語は違っても、きっとわたし達の思いは届くと思います。きっと、届きます!!



わたしは、誰か、1人でも多くの人に、今アメリカで起きていることを知ってほしいです。興味を持ってほしいです。調べてみてほしいです。理解しようと試みて欲しいです。話してほしいです。
わたしは、このブログを読んでいるあなたに、知ってほしいと思っています。


わたしはこの事件について完璧に調べることも出来ていないし、まだきっと起きている事実を完璧に理解することもできていません。
わたしの文章は完璧ではないし、日本語として変なところもある、こんなセンシティブな問題を語るには力不足でもある、けれど、話して、発信して、誰かに知ってほしいです。



「肌の色」を理由に軽視されてしまう人間の命があること。

「肌の色」を理由に人間を平気で傷つける人間がいること。そしてそれが許されている事実。

「肌の色」を理由に失われた命がいままでに数えきれないほどあること。

「肌の色」を理由に人間としての権利を奪われている人々がいること。


そしてそれらが、気が遠くなるほど長い間、続いているということ。





どうか適当に聞き流したり、事実から目を瞑ったり、「うるさい」と呆れたり、「知らない」と言わないでください。


今、自分たちの権利の為に、声をあげ、訴え、語り、全てをかけて戦っている人達がいるのだから、迷わず手を取り、支え、歩幅を合わせ、一緒に歩きましょう。







署名活動



www.change.org


www.justiceforbigfloyd.com
※こちらに署名する際、「Zip Code」は空欄で大丈夫です。



ここから署名活動に参加することが出来ます。

他にも多くの署名活動が行われています。
海外のアーティスト達や有名人達がシェアするリンクからも、是非積極的に参加してみてください。



blacklivesmatters.carrd.co


英語のサイトとなりますが、ここでは「#BlackLivesMatter」に関連する多くのリンクがまとめられています。
SIGN PETITIONS」をクリックして、海外で行われている署名活動にも是非賛同してください!!






黒人差別について知ろう



note.com

 これまで日本のVCで米国を拠点にキャピタリストとして働き、現在、LAにあるスタートアップでCOOを務められている宮武さんという方の記事です。




この投稿をInstagramで見る

黒人の命が無作為に殺されてきた事件をまとめました。 これはほんの一部ですが、これで少しでも多くのひとが、なぜ”今”、ジョージフロイドさんの事件でアメリカ中が怒っているのかわかってもらえたらという思いで作りました。 私は黒人の生きづらさを理解する事ができません。でも、差別を”知る”事はできます。 アフリカ系アメリカ人は、疲れたのです。家族/親戚/親友が急に亡くなってしまう事、自分が常に死と隣り合わせで外出しなければならないことに疲れたのです。 知ったら是非、行動に起こしてください。周りに黒人差別について話してください。署名をしてください。できれば募金をしてください。Black Lives Matterのチェーンで10人タグ付けるだけでは意味がないです。 📝署名先 justiceforbigfloyd.com / text to 556-16 ⚠️bioにリンク先を載せました(.comのほうはZIP codeがないと署名ができないみたいなので各自アメリカのZIP codeどこでもいいのでピックアップして入力してください) 💰募金先 Chicago Community Bond Fund / NYC State Bond Fund / actionnetwork.org / nashvillebailfund.org / rally.org / ARC Bail Fund (多くのセレブが募金しているMinnesotaは集まりすぎて混乱の渦中みたいなので分かれましょう) I understand that I can’t understand. #blacklivesmatter #justiceforgeorgefloyd #asiansforblacklivesmatter #saytheirnames ⚠️私は白人全員を悪とは書いていません。しかしこれもまた事実なんです。黒人は、白人のしてきたこと(殺人)に怒っています。私の白人の友達全員、黒人の為に立ち上がっています。私は白人の友達全員/白人の彼氏も愛しています。

@ kayeyugamiがシェアした投稿 -



 黒人の命が無作為に奪われた(最近の)事件がまとめられている @kayeyugami さんのポストです。インスタグラムをお持ちの方は、是非ご自身のストーリー等でシェアしてください。






お金がなくても協力出来る募金



 YoutuberのZoe Amiraさんという方がアップロードした、黒人のアーティストやクリエイター達のアートや音楽がまとめられている約1時間の動画です。
この動画の広告収入の100%が#BlackLivesMatterに関する団体(警察官によって無作為に命を奪われた黒人の方々の家族、抗議デモによって理由もなく逮捕された人々を助けるため等)に寄付されます。
広告をスキップせず、何度も繰り返し視聴することによって力になることが出来ます!!








ただ黙って何もしないのではなく、思いを、パワーを、送りましょう。











Credit:The Article
▹ ▹ BBCGeorge Floyd: What happened in the final moments of his life - BBC News
Instagram:follow for update & more!
▹ ▹ https://www.instagram.com/heyitsme_aubree
# Thank you + Have an amazing day! by AUBREE